member

親子のてつがくカフェ 第3回

開催/2016年12月18日

時間/13:30~15:00

会場/CREEKS COWORKING NAGANO

ゲスト/川辺洋平(こども哲学おとな哲学アーダコーダ代表理事)

料金/1,000円

定員/8組

主催/CREEKSCHOOL

イベントのお申込みはこちら

 

毎日の暮らしの中で、

なんでなんだろう? どうしてだろう?

と思うことは、小さな子にもあります。

そんな身近な問いについて、あーだこーだと話し合い、考える哲学対話をとおして、

こどもの考えを知り、親子で一緒に楽しく考える時間をつくってみませんか?

 

開催概要


日時:平成28年12月18日(日)13:30~15:00
お子様の対象学年:年長~小学校2年生
定員:親子8組
参加費:親子1組 1000円/ 各回
場所:CREEKS COWORKING NAGANO
長野市西後町町並1583 リプロ表参道2F
主催:CREEKSCHOOL
協力:NPO法人 こども哲学おとな哲学アーダコーダ
「こども哲学おとな哲学アーダコーダ」は、正解のない問いについてグループで考える哲学対話を
社会の中で実践的に活用するためのスキルやプログラムを提供するNPOです。
毎日のくらしの中にある正解のない疑問や不思議のタネについて、あーだこーだと考えを交換し、
お互いが時間をかけて考えを深めることができる時間を提供します。

kawabe
ゲスト講師:川辺洋平(こども哲学おとな哲学アーダコーダ代表理事)

前回の様子はこちら


 

哲学対話って?


kawabe

哲学対話には正解はありませんが、4つの特徴があります。
〇相手を待つ姿勢が身につく
〇意見を持つ主体性が身につく
〇深く考える思考力が身につく
〇自分や他人の考え方に気付く
※哲学対話にご関心のある方であれば見学のみの参加も可能です。

本企画は「平成28年度 地域発元気づくり支援金」活用事業です。